傷だらけ父さんのHappy Life Journey -マルファン症候群と共に生きる-

難病(マルファン症候群)をもち、これまで多くの手術を経験。そんな傷だらけ父さんの闘病記とハッピーな人生を追い求め挑戦する姿を紹介します。同じような境遇にある人、支える人達の不安を和らげ、諦めない気持ちへのエールになれば幸いです

大動脈解離 A型 ④入院の記録(大動脈基部置換術)

 初めての大動脈解離を経験してかれこれ15年以上前の記憶であるため記事とできるか心配したが、幸い学生時代に日記を書く習慣があったので、その記録からまずまず正確な情報をとることができた。改めて読み返すと恥ずかしい日記だけれども、どれくらいの時期にどこまで回復していたのかよく分かり日記の大切さを実感した。

入院概要

 

手術日を含めてICUに4日間。その場で立てるまで回復し、一般病院に移動。

一般病棟で3週間過ごし十分に回復、自立して動ける様になり退院。

当初、順調に回復すれば一般病棟で2週間程度入院の後に退院の予定であったが、不運にも気胸(肺のパンク)を発症し気胸の手術をすることになり、その分1週間長く入院することに。(気胸の記録は今後別途まとめて投稿します)

基本的には肋骨の正面を縦に25cm切った傷が回復していくにつれて、また、体についているドレーンチューブや点滴が外れていくにつれて動ける範囲が広がり元気になっていった。

ICUでの4日間

手術日とその次の日は寝たきりで、体を動かすことができず一番キツかった。手術後2日間は “しんどい。もう嫌。” と繰り返し言っていた様だ。酸素マスクや人工呼吸器が付いていると尚更つらい。私は大丈夫だったが、ICUのほかの患者は酷く咳をしていた。看護師さん曰く「タバコを吸っている人は痰が絡みやすく、咳も出るし大変。」とのこと。ただでさえ肋骨正面を切り開いていているのでクシャミ一つで飛び上がるほど痛いのに、咳が繰り返し出たら私には耐えられない。と思った。

タバコ(禁煙)については「良き患者であるススメ」と題し、これから手術を受ける方、また将来その可能性がある方への経験者アドバイスをまとめている(→コチラ) ので参考にして貰えれば有難い。

3日目には食事(ゼリーなどの流動食)も出て、ベッド横で立つ練習もした。

4日目には点滴などいくつか外れ、その場で何歩か歩ける様になる。

一般病棟での3週間

一般病棟に移ると、一日一日何かしらの管(酸素チューブや尿カテーテル、点滴、ドレンなど)が体から外れて行き、身軽さを感じる様になる。またそれに伴い動けるレベルも向上していく。少しずつではあるが、確実に ”昨日よりは今日“ と日々の回復を感じる。

食事は基本的には、心臓の手術であり消化器関係ではないので一般食だ。お粥から始まり早い段階で普通米に切り替わる。患者それぞれで、血糖値や血圧、薬などを考慮したメニューにはなるが、全ては自身の回復を早める為。味が薄いとか文句は言わず、ありがたくいただこう!

リハビリとして特別なプログラムはなかったが、一般病棟に移って4日目には病室と談話室を徒歩で往復できる様になった。この時、体力の回復を急いで階段を数段登り降りする練習をこっそりした。でもこれが体に良くなかったのか、その次の日に気胸になった(詳細は後日投稿します)。 運動・リハビリは自己判断せず、焦らず、看護師さん、リハビリ師さんの指示に従ってトレーニングでなく“リハビリ”として取り組みましょう。

家族や友人のお見舞い・サポート

一人暮らしの大学生であったこともあり、親、彼女に加えて、毎日のように、バイトの仲間、サークルの先輩後輩、大学の友人がお見舞いに来てくれた。お見舞いに来てくれると元気が出るし、来てくれること自体が本当に嬉しかった。今考えると、特に学生だった分、お見舞いに来てくれたことはとても嬉しくて、今でも一人一人の名前と顔を思い出す。

また同じ学科の友人は、入院期間に講義やテストが受けられなくなる事によって大学の単位を落とす事がないように友人で集まって(私の知らないうちに)教授に相談しにいってくれていた。お陰で退院後、補講なり追加レポートで単位を落とす事なく進級できた。感謝でいっぱいだ。

いままで色々な病気、病院で入院した経験、お見舞いに来てもらった/行った経験から僭越ながら「良き患者であるススメ(番外編)」と題し、お見舞いに関するポイントをまとめた記事を投稿している。入院中の家族、友人のお見舞いに行きたいけど、“お見舞いって、どうしたら良いの?”という方の参考にしていただければ有難い。

 

*大動脈解離スタンフォードA型の発症から手術(大動脈基部置換)、入院、退院、日常生活に戻る軌跡ついては下記カテゴリーにまとめています。

mrandmrsyaman.com

Copyright ©傷だらけ父さんのHappy Life Journey -難病をバイタリティに変える生き方- All rights reserved.