傷だらけ父さんのHappy Life Journey -マルファン症候群と共に生きる-

難病(マルファン症候群)をもち、これまで多くの手術を経験。そんな傷だらけ父さんの闘病記とハッピーな人生を追い求め挑戦する姿を紹介します。同じような境遇にある人、支える人達の不安を和らげ、諦めない気持ちへのエールになれば幸いです

大動脈解離 スタンフォードB型 ②発症

 2017年7月18日、祝日明けの火曜日。いつも通り会社の食堂で昼食を食べ、洗面所で歯磨きをしている時にそれは起こった。人生2回目となる大動脈解離だ。

 前回の記事で記載したように、日々仕事で忙しくし、不規則な生活を送っていた。はっきりとした不整脈という今まで無かった身体の異変も感じていた(前兆については→コチラ)。ただ、この大動脈解離を発症した7月は違った。忙しい時期を乗り越え、大きな仕事(重要な会議でのプレゼン)も終え、「さあ、これからやりたかった仕事をやるぞ。」とホッと気持ちの余裕が出てきた頃だった。

 その日も、いつもと同じように昼食後の歯磨きをしている最中、胸に何かが引っかかるような違和感を感じた。その数秒後、その違和感は背中にグサリと刺さるような痛みに変わった。ちょうどその瞬間、運良く会社の他部署の先輩社員(面識のあった方)が洗面所に入ってきた。14年前に経験した大動脈解離より若干痛みは弱く、痛みの質も違ったので、まさか大動脈解離とは思っていなかったが、“これはまずい。心臓辺りに何か起きたに違いない。”と察し、その瞬間に、「すみません。」と声をかけた。ただ、それ以上声が出てない。上手く息ができない。洗面所のシンクに両腕をつきながら下を向き、声も絶え絶え 「心臓が悪くて、、、痛くて、、、救急車、、、。」というのが精一杯だった。その先輩社員は、すぐに状況を理解し警備室に連絡してくれた。すぐに医務室の方々、産業医の方も駆けつけてくれた。(ちなみに、あの日使った洗面所はどちらかというとゲスト用で他の社員が使う洗面所ではなかった。たまたまその日先輩社員が寄ってくれたから助けてもらえた。本当に運が良かった。)

 しばらくして、救急車が会社の受付前に横付けする形で到着した。意識はあり、周りの状況や救急車が来たことは把握できていたが、医務室の方が準備してくれた車椅子に腰掛けて座っているのがやっとの状態だった。救急車が来るまでのしばらくの間、痛みはどんどん変化していった。はじめは背中の肩甲骨辺りが痛かったのが、お腹に向けてさらにグサリ、そしてそのあとは腰に向けてグサリと強い痛みが移動していった。例えるなら、小刀を背中に刺された後、腰に向け切り進められたような痛みだった。そんな痛みを車椅子の上で耐えながら救急車を待つ中、私は「ちくしょう。絶対生きてやる。生きてやる。死んでたまるか。」と吐息とともに口を動かしていた。

  救急隊には、大動脈解離を過去にも起こしていること、定期検査をしている大学病院がかかりつけであることを伝えたが、すぐに救急車を発車させ病院に向かうことはなかった。搬送先の受け入れ体制の確認など色々あるのだろう。私の方も、家族に連絡をとるのに手間取った。奥さんは保育士として日中は働いており、携帯に出ない。奥さんの電話番号も、しっかりとは覚えていなかった。スマホを検索しようにも何度もスマホのパスワードを外さないといけない。駆けつけてくれた家族への連絡をしてくれた上司も、スマホの連絡帳から連絡先を見つけるのに苦労していた。そして電話の繋がらない奥さんではなく、連絡帳より(苗字が同じ)実母の番号に電話して、やっと家族への連絡・確認をすることができた。

 誰にでも当てはまるが、不測の事態の緊急連絡先は、分かるようにしておかないといけない。スマホに家族の電話番号が入っていると安心していても、いざという時は自分では操作できないし、他の人はロックを解除することもできない。(緊急時を想定した、自身が持病を持っていることを伝える大切さは別途、「良き患者であるススメ」にまとめ投稿する予定です。)

 病院に緊急搬送された後は、手術室の雰囲気に近い急患用処置室で、点滴やAライン(手首の動脈への点滴)がつけられ、CT検査を受けた。正直、この時のことはいつスーツを脱ぎ、手術着になったのか、いつ奥さんが到着したのか等、あまり記憶がない。息が浅くなって頭はボーっとしていた。痛みが酷くならないようにと、横になった姿勢から動かないようにしたいという事を考えていた。

 そして、CTの結果が処置室で聞かされた。「大動脈が解離しているのが確認できました。今からICUに移ります。」と。その後、それまで処置室の外で待機していた、奥さん、病院まで救急車で同行してくれた上司、先輩社員、産業医にも、大動脈解離であることと、状況の説明があったようだ。

 この日から、自身2回目となる、1回目の大動脈基部の解離(スタンフォードA型)とは違う広範囲の大動脈解離(スタンフォードB型)を共にする日々が始まった。

 

下記の赤矢印が大動脈解離の状態

f:id:mrs-yaman:20200501080235j:plain

3層で構成される血管の外膜と中膜・内膜の間に穴が空き、血流が流入し、裂けている。白い狭い楕円が本来の血流(真腔)であり、広めの三日月状の部分が解離によりできた血流(偽腔)

 

f:id:mrs-yaman:20200502111309j:plain

背中から腰部まで大動脈が裂けていることがわかる。(白い箇所が真腔で、灰色の箇所が偽腔。偽腔で真腔が押しつぶされている)

Copyright ©傷だらけ父さんのHappy Life Journey -難病をバイタリティに変える生き方- All rights reserved.